ゴルフ練習

ゴルフ初心者、100切りのための練習方法:ウェッジ基礎編

100切りを目指す方でウェッジが苦手、、という方は多いのではないでしょうか。

ウェッジは浮かしたボールを打たなければならないと思っている方が多いような気がします。

極端ですが、100切りまではウェッジは転がしのみでいきましょう。

そうすれば気楽に打てますし、グリーンまわりも楽になると思います。

練習方法をおまとめ致しますのでご参考にしていただければと思います。

ウェッジの基礎的な練習方法

ウェッジは何本入れていますか?

セットで買ったAとS、50度と56度、52度と58度あたりのパターンが多いのではないでしょうか。

他のパターンもあると思いますが、当面は手持ちのセッティングで大丈夫です。

100切りまでは下記の通りに役割分担を決めてしまいましょう。

・残り100y以下

アプローチウェッジ(A、50度、52度)

・バンカー

サンドウェッジ(S、56度、58度)

絞って使えば練習も絞れます。

必要最低限のことが出来れば100切りへのスピードも上がってくるかと思います。

ゆっくり振って練習する

アプローチウェッジで4パターンの振り幅で練習しましょう。

膝から膝

膝から腰

腰から腰

フルスイング

このくらいの振り幅が練習しやすいかと思います。

距離のイメージは

膝から膝→30yほど

膝から腰→50yほど

腰から腰→75yほど

フルスイング→100yほど

くらいでしょうか。

距離は個人差があると思います。

男性、女性で変わりますし、力がある、ないでも変わってきます。

実際アプローチウェッジで上記の振り幅でボールを打ってみてください。

そして、この振り幅であればこのくらい飛ぶという自分の距離を把握してください。

この4パターンの振り幅を繰り返し安定化させてください。

実際のコースでは残り距離に応じて振り幅で調整してください。

100を安定的に切れる人は残り距離を自分の得意な残り距離に合わせてくる様になります。

絶対にやってはいけないことは

スイングのスピードで距離を調節する

ことです。

これをやってしまうと距離感がバラバラになってしまうので気をつけましょう。

ウェッジでよくある失敗パターン

ダフる、ザックリする

残り50yくらいまで来ているのにダフったり、ザックリしたりと、、ちょっともったいないですよね。

ダフり、ザックリしている方をよく見ているとボールと地面の間にきれいにクラブを通そうとしている様に見受けられます。

これはなかなか難しいです。

ウェッジはバウンスを使って滑らせる様に打った方が良いです。

滑らせていくときれいに抜けますので試してみてください。

トップする

結果が気になり顔が上がってしまい、トップしてグリーン奥へ、というパターンもよく見ますね。

上記の4パターンの素振りで振り幅は決まっているのでコースでも同じことをするだけです。

振り幅を決めたら結果を気にせず、スイングしましょう。

グリーンまわりのアプローチ

転がしに徹する

100切りまでは転がしに徹しましょう。

アプローチウェッジでボールの右足の線上くらいに置いて打つと転がしやすいです。

あとは振り幅で距離を調節してください。

距離がある場合はPWや9番アイアン、7番アイアンくらいまで使用しても良いと思います。

10y、20y、30yを転がすクラブと振り幅を把握しておきましょう。

浮かしたボールも打てると武器が増えるのでスコアは出しやすくなります。

ただ、浮かしたボールで距離感も合わせるのはなかなか難しいです。

当面は転がしに徹し、100切ったくらいから更に上を目指すために浮かす練習も加えて行くのが良いかと思います。

「ゴルフ初心者、100切りのための練習方法:ウェッジ基礎編」のまとめ

ウェッジは最初は難しく感じますが、「転がす」と考えると楽になってくると思います。

転がしになれてくるとグリーンまわりから打ってOKがもらえる様になってくるので、スコアアップに直結してきます。

是非、転がしを練習してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGolfTrendをフォローしよう!

RECOMMEND