ルール・マナー

【間違い注意!】バンカーでの処置方法・ルール、マナーを再度確認!

バンカーが苦手、、というゴルファーは多いのではないでしょうか。

ホームラン、、チョロ、、なかなか脱出出来ない状況は誰もが経験してきたのではないでしょうか。

そんなバンカー内では細かなルールが設定されております。

きちんと覚えていますか??

ここではバンカー内での救済方法やルールなど再確認していきたいと思います。

バンカーとは

バンカーとはハザードのひとつです。

ハザードにはバンカーとウォーターハザードがあり、ウォーターハザードには救済がありますが、バンカーに救済はございません。

バンカーでの処置方法・ルール

レーキで止まっていたボールがレーキを取り除いたらバンカーに落ちた

この場合は無罰で元に戻せます。

クラブで砂に触れてはいけない

ボールを打つ際、クラブのソールで砂に触れてはいけません。

触れてしまうと2打罰となりますので注意しましょう。

ルースインペディメントを取り除いてはいけない

ルースインペディメント(小石や葉っぱなど)を取り除いてはいけません。

取り除いてしまうと2打罰になりますので注意しましょう。

 

コース上とは違い、細かなルールが設定されておりますので覚えておきましょう。

バンカーでのマナー

バンカーに入る時

ボール近くのアゴの低いところから入りましょう。

遠いところから入ると打ち終わった後、バンカーを均す際にも時間がかかってしまいます。

近いところを探し、入っていきましょう。

バンカーから出る時

きちんと均しておきましょう。

きちんと均されていないバンカーに自分のボールが入った際、嫌な気持ちになりますよね?

なのできちんと平らに均しておきましょう。

 

また、レーキの置き場所や置き方ですが、こちらはゴルフ場によって様々です。

基本は邪魔にならないところに置いておけば良いでしょう。

邪魔にならないであろう場所をイメージして置いておけば大丈夫です。

2019年より一部ルールが変更します

2019年1月1日より一部ルールが変更され、バンカーでのルールが少しやさしくなります。

上記に表記致しましたが、

・クラブで砂に触れてはいけない

・ルースインペディメントを取り除いてはいけない

こちらが共に2打罰となっておりましたが、無罰となります。

また、難しいポジションとなり、脱出が難しい場合は

2打罰にてバンカーの外から打つことが可能

と変更になります。

ゴルファーにとっては良いお話ではないでしょうか。

下記も併せて確認してみてください。

ゴルフルール改正
【2019年ゴルフルール改正】新ゴルフルール覚えておきたい要点まとめ2019年から一部ゴルフルールが改正され、新ルールとなります。新ゴルフルールの覚えておきたい要点をまとめています。この機会に覚えておきましょう!...

「バンカー内での処置方法・ルールを再度確認!」のまとめ

来年以降、ルール面はだいぶやさしくなる傾向ですね。

マナーの面は全てのゴルファーが徹底出来る様になると良いですね。

たまにきちんと均されていないバンカーなど見かけることがあるのですが、嫌な気分になってしまいます。

全員がきちんと出来れば気持ち良くプレー出来るのではないでしょうか。

ゴルフ初心者が同じ組にいる場合はベテランゴルファーがフォローしてあげることも必要かと思っております。

気をつけていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGolfTrendをフォローしよう!