ルール・マナー

【ゴルフで使う「ファー」とは?】「ファー」の意味や使われる場面を徹底解説!

【ゴルフで使う「ファー」とは?】「ファー」の意味や使われる場面を徹底解説!

ゴルフ場でよく「ファー」と耳にしたことはないですか?

この「ファー」ですが、絶対に言わなければならない場面があります。

ここでは

「ファー」の意味とは?

どのような場面で使う?

など詳細に解説していきます。

ゴルフを続けていくと必ず言わなければならない場面に遭遇すると思います。

こちらできちんと覚えておきましょう。

そもそも「ファー」とは?

英語では「fore」と表記し、「前方」を意味する単語です。

正確には「フォア」と言います。

諸説はいろいろとある様ですが、「前方に気をつけろ」と意味合いで使われています。

「ファー」を言わなければいけない場面とは?

「ファー」を言わなければいけない場面を下記にまとめます。

前の組に打ち込んでしまった時

隣のホールで打ち込んでしまった時

打ち込んでしまった、というよりは打ち込んでしまいそうなボールを打った時には大きな声で「ファー」と叫びましょう。

人がいるかどうかわからない林

など、見えないけど人がいる可能性がある場合も念の為「ファー」と叫んでおいた方が良いでしょう。

 

キャディさん付きのラウンドであればキャディーさんが大きな声を出してくれますが、セルフプレーの場合は自分で声を出さなければなりません。

また、「ファー」という掛け声は危険を知らせるための掛け声です。

打った本人のみでなく、同組でラウンドする他のプレーヤーも声をだした方が良いでしょう。

この場合はうるさくて文句を言われることはございません。

逆に声が小さくて聞こえない場合、怒られる可能性もございます。

ラウンドする組の全員で掛け声をしましょう。

「ファー」を言わなかったら?

自分や同組のプレーヤーが

前の組に打ち込んでしまった時

隣のホールで打ち込んでしまった時

この場合に「ファー」を言わないことは完全にマナー違反です。

ボールが飛んで行きそうな状況で「危険」を知らせることを怠ってはいけません。

自分がプレーしていて急にボールが飛んできたらびっくりして怒りますよね?

怒られても仕方のないことだと思いましょう。

「ファー」と聞こえたら?

プレー中にどこからともなく「ファー」と聞こえてきたらボールが飛んで来ている可能性があります。

とはいえ、すぐにどこから飛んでくるか、把握をすることはほぼ不可能に近いです。

なので、「ファー」と聞こえたら

一番重要な頭を守る

様にしましょう。

最悪、自分にボールが当たっても腕や足なら痛みはあるものの大怪我には至らないことが多いと思います。

ただし、頭に当たった場合は大怪我に繋がる可能性が高まります。

「ファー」と聞こえたら両手で頭を守る様にしましょう。

他のプレーヤーにボールをぶつけてしまったら?

プレーは中断して、そのプレーヤーにまずは謝罪に向かい、そしてケガなどの状況の確認を急ぎましょう。

プレー続行不可能なほどの状況の場合、至急キャディマスター室に連絡し救急車などの手配をお願いし、以降の指示を仰ぎましょう。

プレー続行可能な程度であっても念の為キャディマスター室にはぶつけてしまった旨は伝えておいた方が良いでしょう。

ぶつかっていない場合でも打ち込んでしまった場合はお詫びをしておきましょう。

この場合はカートが近づいた時などで大丈夫です。

「先程は打ち込んでしまい申し訳ございません」

とお詫びすれば揉め事などは発生しないと思います。

自分が打ち込まれた側の場合、一声もなければ嫌な気になりますよね?

まとめ:【ゴルフで使う「ファー」とは?】「ファー」の意味や使われる場面を徹底解説!

ゴルフを始めたばかりの頃はなかなか自分から大声を出しづらいかもしれません。

でも打ち込みの可能性がある場合は必ず「ファー」と叫ばなければなりません。

打ち込みの可能性がある場合は積極的に声を出すようにしていきましょう。

大声を出すことがケガやマナー違反と怒られることを防いでいきます。

自分だけでなく、誰が打ち込んでも「ファー」と大声を出せる様にしていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGolfTrendをフォローしよう!

RECOMMEND