ラウンド用品・小物

【冬のゴルフ】冬ゴルフはこう楽しむ!楽しむための考え方や対策法

【冬のゴルフ】冬ゴルフはこう楽しむ!メリットやコースの攻め方など

冬のゴルフ、寒いので行きたくない、という方が多いのではないでしょうか。

寒い

スコアが出ない

腰が痛い

などの声が聞こえて来ますが、きちんと対策すれば冬ゴルフも楽しく、メリットがあったりしますよ。

ここでは冬ゴルフが快適になる対策をまとめてみました。

冬ゴルフが嫌いなゴルファーの皆様、是非参考にしていただき冬ゴルフを楽しんでみてはいかがでしょうか?

冬ゴルフのメリット

冬のゴルフはしない?

「冬シーズンのゴルフはしない!」こう言われている方も多いのではないでしょうか。

寒い

体が動かない

体が痛い

などなど、冬シーズンのゴルフは嫌な方は多いですよね。

まあ、好きな方はあまりいないと思いますが。。

ただ、考え方を変えると、冬ゴルフも楽しくなったりするものです。

冬ゴルフのメリット

安い

シーズンを外れている分安くラウンド出来ます。

春や空きなどのトップシーズンよりも5,000円くらい安くなったりしているのではないでしょうか。

うまくやりくりすれば、トップシーズンより多くラウンドが出来、ゴルフ好きには嬉しい結果となります。

空いてる

トップシーズンの土日などは待ちは当たり前、の状況もあるかと思います。

スタート時間よりも遅れる

ホール間の待ちが長い

お昼時間も長くなる

などトップシーズンではよくある光景も冬のシーズンであればほとんど待ちは無く、ラウンド出来ることも多いです。

もちろん混み合うこともあるあかと思いますが、トップシーズンほどでは無いと思います。

 

寒さを除けばこういったメリットがあったりするのも冬ゴルフの醍醐味かと思います。

冬ゴルフのラウンド対策

防寒対策を徹底的に

上記の通りに冬ゴルフは寒さを除けばトップシーズンには無いメリットがあります。

寒さを取り除くためには寒くならない準備を徹底的にしていきましょう。

防寒対策をした服装

防寒対策アイテムを準備

防寒対策をすれば、ある程度寒さはしのげると思います。

※もちろん寒いことは寒いのですが。。

準備は可能な限り徹底しておきましょう。

暑かったら脱いで調整すれば良いので、くれぐれも寒さを甘く見ないでおくと良いと思います。

寒いとゴルフがつまらなくなってしまいますので。。

スタート時間は遅めに

冬のゴルフはスタート時間を遅くすることをおすすめします。

ゴルフ後に予定がある

渋滞を避けたい

など、特に支障が無い場合はスタート時間を遅らせると少しは寒さを緩和出来ます。

9時台から10時前後くらいのスタートが良いと思います。

スタートが早いとグリーンが凍っていたり、相当寒いです。

可能な限り調整してみましょう。

遅いスタートにした場合は日没に注意しておきましょう。

冬ゴルフのコースの攻め方

冬のゴルフは難しいです。

暖かい日よりも飛距離が出ない

ラフが枯れていたりでダフりやすくなる

逆にトップが多くなる

など、寒いことにより様々な悪影響はあります。

ただし、逆に難しいことはせず、簡単なゴルフを行っていくと優しくなったりもします。

下記にまとめていきます。

スコアは基本悪くなる

冬のゴルフのスコアは基本悪くなると考えておきましょう。

飛距離が出ない分、力が入ったりしてミスが多くなります。

冬ゴルフであスコアは出ないものと考え、スコアを出そうとするよりは楽しむことを優先させた方が良いでしょう。

冬のゴルフコース攻め方

番手

飛距離が出なくなるので、通常の番手よりも大きな番手で打っていきましょう。

ぎりぎりの番手で打つと力んだりしますので、番手は大きくしゆったりと振っていくこと心がけた方が良いと思います。

転がす

また、冬のゴルフは基本、転がして攻めていきましょう。

特にグリーンまわりのアプローチはラフが枯れている分、浮かしたりすることは相当難しくなります。

残り10y、20yあたりでいつもはウェッジで打っていたのをPWや9Iで転がす様にしてみてください。

冬のアプローチを苦手にしている人も楽に感じると思いますよ。

転がすことを念頭に置いておくと寄せワンなどが多くなり、逆にスコアが良くなったりすることもありますよ!

冬ゴルフの道具

冬のゴルフクラブ

冬のゴルフクラブはやさしいものを使用した方が良いです。

シャフトが硬かったりするとどうしてもスイングの際に力が入ってしまうんですよね。

冬のゴルフで極力、力むことは避けたいです。

可能であれば夏用と冬用で分けるのが良いと思いますが、これはなかなか難しいですかね。

難しい場合は番手を上げてゆったり振る、を心がけることで対応しましょう。

冬のゴルフボール

ゴルフボールは柔らかめのボールを使用した方が良いでしょう。

飛距離が落ちる

転がし優先

なので、スピン系のボールよりはディスタンス系を使用してみるのが良いと思います。

冬のティー

冬のティーイングエリアは凍っています。

日の当たらないところは一日中凍っている場合もあります。

なので、ティーが刺さらないです。

この場合は「ティーボーリング」を使うか、

※↓このようなものがティーイングエリアにあると思います。

ティーボーリング

刺すのでは無く、置くだけのティーを使う様にしましょう。

プットティー

特に女性の場合は力が無いのでこちらのティーを使った方が良いですよ。

冬ゴルフの注意点

雪・雨

雪の場合

結構降っていたりする場合はゴルフ場がクローズになっている場合があります。

怪しい場合はゴルフ場に行く前に連絡して確認しておきましょう。

雨の場合

土砂降りの場合以外はクローズにはならないですが、途中から雪になって結構降ってくる場合もあります。

途中でプレー中止となる場合もあります。

雪が降りそうな場合、行き帰りの車に注意しましょう。

チェーン

スノータイヤ

などの備えはきっちりやっておきましょう。

楽しくゴルフが出来ても事故を起こしたら最悪になってしまいます。

風邪

どんなに防寒対策をしても冬のゴルフは寒いことは寒いです。

風邪などに注意しましょう。

基本、暖かくすることを心がけておけば大丈夫かと思います。

ラウンド後のお風呂の後に湯冷めしない様に注意も必要です。

ケガ

暖かい日に比べるとケガも多くなります。

腰痛

肉離れ

などに気をつけておきましょう。

ゴルフ初心者の場合ですと、右へ左へ打ち込んでしまうことも多いと思います。

急な斜面など駆け上ったりした際、肉離れなど起こす可能性があります。

ストレッチ

なので冬のゴルフ時にはスタート前にストレッチを入念に行っておきましょう。

特に肩や腰、足まわりをほぐして暖かくしておくと良いです。

急に動くとケガの元なので注意です。

スキンケア

冬場は唇が荒れたり、手がガサついたりしますのでケア用品も用意しておいた方が良いです。

冬用に常備しておくと良いとおもいます。

【ラウンドには必須!リップクリームおすすめ20選】バッグに入れておきたい必需品
【冬のラウンドには必須!リップクリームおすすめ20選】バッグに入れておきたい必需品冬のラウンド時、バッグに入れておきたい必需品のリップクリームおすすめ20選をピックアップしてご紹介しています!寒い季節になったら忘れずに入れておきましょう!是非参考にしてみてください!...
ハンドクリーム おすすめ
【ラウンド時に最適】ハンドクリーム人気おすすめランキング10選!冬ゴルフのラウンド時に最適なハンドクリームの人気おすすめランキング10選をご紹介しています。キャディバッグやカートバックに入れておくと重宝しますよ!またちょっとしたギフトなどに最適なハンドクリームも紹介していますので是非参考にしてみてくださいね!...

日没

冬場は日没も早いです。

のんびりプレーしているとラウンドが完了しない場合があります。

16時過ぎてくるとボールが見づらくなってくると思います。

後ろの組がいる時もいない時もプレーファーストでいきましょう。

冬ゴルフの持ち物

防寒対策

グローブ

冬用の両手用グローブがあります。

こちらを使うと右手も寒くなくなりますよ。

カイロ

これは冬の必需品ですね。

多めに購入しておいてキャディバッグに入れておくと良いですよ。

水筒

保温機能付きの水筒は重宝します。

暖かい飲み物を買ってもすぐに冷めてしまいますからね。

保温機能付きの水筒にコーヒーやお茶など入れておくと寒いラウンド中でもホッと出来ますよ。

【マグボトルおすすめ20選】コンパクトでゴルフラウンド中でも便利!
【マグボトルおすすめ20選】コンパクトでゴルフラウンド中でも便利!特に冬ゴルフにおすすめ!「マグボトル」のおすすめを20選、人気ランキング形式でご紹介しています。是非参考にしてみてください!ゴルフグッズのことならGolf Trend[ゴルフトレンド]...

冬のゴルフ練習

冬場は寒いのでゴルフ練習に行くのも腰が重くなってしまいますね。。

冬のゴルフ練習はドライバーなどで飛距離を伸ばす、というよりはスイング作りに徹する様にすると良いです。

7Iなどで繰り返し反復すると良いと思います。

冬シーズンは南国ゴルフも

寒い地域のゴルフ場は基本クローズ

冬のシーズンは寒い地域ではゴルフ場自体がクローズになります。

北海道などでは11月下旬くらいから4月くらいまでクローズになるところが多いです。

リゾートゴルフなんていかがでしょう?

寒いゴルフが嫌な場合は南国でリゾートゴルフ、という方法もあります。

ハワイやグアム、サイパンなどであれば防寒対策は必要無し。

半袖短パンでのラウンドが可能です。

連休

有給

など利用して計画を立ててみるのはいかがでしょうか?

国内であれば暖かいゴルフ場へ

国内でも沖縄本島や離島であれば暖かくラウンドが出来ます。

半袖短パンが可能かどうかは天気にも左右されますが。。

 

都心近郊では千葉の房総あたりであれば極寒は避けられる日もあると思います。

まとめ:【冬のゴルフ】冬ゴルフはこう楽しむ!楽しむための考え方や対策法

ゴルフ好きはやっぱり冬でもゴルフをやりたいんですよね。

冬のゴルフは防寒さえしっかりしていれば何とかなるものです。

寒ささえしのげればゴルフは楽しいです。

なので冬のゴルフに行く際にはあらゆる防寒対策を行いましょう。

これを怠らなければ楽しくゴルフは出来ますよ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGolfTrendをフォローしよう!

RECOMMEND