ゴルフ知識・上達法

【ゴルフで帽子は必要?】帽子マナーやかぶった方が良いポイント6つ

【ゴルフで帽子は必要?】帽子の規則やかぶった方が良いポイント6つ

ゴルフのラウンドをする際に

「帽子をかぶらなければいけないの?」

「家に忘れてきてしまった。。ゴルフ場で買わなくちゃ。。」

などとどうすれば良いか、疑問に思われる場面があると思います。

ここでは

帽子をかぶることは規則?マナー?

かぶっておいた方が理由

などおまとめしていきます。

是非参考にしてみてください。

ゴルフラウンド中、帽子はかぶらなくてはいけない?

ゴルフのラウンド中、「帽子をかぶらなくてはいけない」という規則は無いです。

なので帽子をかぶらずにプレーしても問題はございません。

「帽子を持っていない」

「家に忘れてきてしまった」

などという場合でも気にはしなくても大丈夫です。

この場合はかぶらずにプレーをしても問題はないです。

一部名門ゴルフ場などはドレスコードとしてかぶった方が良い場合があります。

名門ゴルフ場でのマナーとして行く場合は注意しておいた方が良いです。

ゴルフ初心者は帽子をかぶっておきましょう

帽子をかぶらなくてはいけない規則は無いですが、ゴルフ初心者の場合はかぶっておくことをおすすめします。

なぜかぶっておいた方が良いか、ポイントを6つピックアップしておまとめします。

1:ケガなどから頭部を守る

ゴルフ初心者に帽子をかぶることをおすすめする一番の理由はこちらです。

ベテランゴルフファーになってくるとケガをしそうな場面は事前に察知して避けることが出来る様になってきます。

ですが、ゴルフ初心者ですと

・自分のボールを打つことに気を取られすぎている

・打球が安定していない

などとまわりの状況を気にせずにコース内を行ったり来たりと動きまわる場面が多いです。

その際、

他のプレーヤーの打球

他コースからの打球

への注意が緩慢となっている場合が多いです。

帽子をかぶっていると不意に飛んでくるボールなどから一番重要な頭部を守ることに繋がります。

 

また、コース外の林にボールを打ち込むことも多いと思います。

ボールを探しに行った際にはあちこちから木の枝が飛び出していて頭を切ってしまう場合もあります。

帽子をかぶっておくとこういったケガからも頭部を守ってくれます。

2:マーカーをつばにつけておくことが出来る

ゴルフのマーカーはキャップやバイザーのつばにつけておく形のものが多いです。

もちろんポケットにいれておくことも出来るのですが、つばにつけておいた方が圧倒的に使いやすいです。

ポケットにいれておくとなかなか取り出せなくて時間がかかる、、といったこともあり得ます。

3:髪の毛が邪魔にならない

髪の毛が長いとショットのアドレスに入った際、またパッティングのアドレスに入った際など髪の毛が気になってしまう場合があります。

この様な際に帽子やバイザーをかぶっておくと、髪の毛が邪魔にならない様になります。

特に女性の方などには有効かと思います。

4:夏場は熱中症対策になる

ここ最近の日本の夏は相当暑いです。

ベテランゴルファーであれば、ボールを打った後、カートで日差しを避けることが可能ですが、ゴルフ初心者ですとコース上でほぼ太陽の下にいることが多いです。

自分は大丈夫と思われるかもしれないですが、油断は禁物です。

熱中症予防には帽子をかぶっておいた方が良いと思います。

5:冬場は防寒対策になる

冬の場合は帽子をかぶっていると少しは寒さをしのげます。

ニット帽などをかぶる様にすると更に保温効果もあるのでかぶっておいた方が良いでしょう。

また、寒い朝には寝癖直しをするのも一苦労です。

家を出る際から帽子をかぶって寝癖をごまかすことも出来るので楽ですよ。

6:雨対策になる

雨の中でもラウンドをすることもあるかと思います。

弱い雨なら普通の帽子でも良いのですが、強くなって来たら雨用の帽子に切り替えましょう。

普通の帽子と防水加工された帽子では髪の毛の濡れ方が全く違います。

普通の帽子で髪の毛がびしょ濡れになって来るとテンションも下がってきますが、雨用帽子で少しでも凌げる気分も変わって来ますので。

普段かぶっている帽子を使っても良い?

普段かぶっている帽子を使っても問題はございません。

キャップやニット帽などは普段使いからゴルフラウンドへと使いまわしはしやすいと思います。

名門ゴルフ場の場合は派手なデザイン物などはマナー的に避けた方が良いです。

普段かぶっている帽子でも問題は無いのですが、ゴルフブランドから出ている帽子は機能的に優れていますのでラウンド数が多くなる様でしたらひとつくらいは持っておいて損はないと思います。

特に夏場は吸汗速乾などの機能がついていた方が良いと思いますよ。

「【ゴルフで帽子は必要?】ラウンド中帽子をかぶった方が良いポイント」/ EditorsVoice

私は春から秋まではバイザー、冬はニット帽をかぶってプレーしています。

冬のニット帽はつば付きを選んでいますね。

つばにはマーカーとVoiceCaddyという距離計をつけています。

一度何もかぶらずにプレーした際にマーカーと距離計はポケット入れていたのですが、これが相当不便でしたね。。

なのでマーカーと距離計用にバイザーなどをかぶっている、という感じでしょうか。

是非参考にしてみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGolfTrendをフォローしよう!