ゴルフ練習

【ゴルフスイングの基本】ゴルフ初心者のゴルフスイングの作り方

ゴルフスイング

ゴルフスイングの基本は

再現性が高い

ことに尽きると思います。

ドライバーでたまに300y超えのボールが打てたとしてもその他がOBばかりですとスコアになりません。

であれば、毎回200~250y飛ばせる方が飛距離は落ちてもスコアが良くなります。

再現性の高い、安定感のあるスイングを作っていきましょう。

ゴルフスイング 基本

ゴルフスイング 基本:グリップ

ゴルフ初心者の方は「ギュッ」と力を入れて握ってしまう方が多いです。

まずは力を抜くことを覚えましょう。

ゴルフグリップ:基本の正しい握り方ゴルフでは「グリップ(握り方)」が非常に重要と言われております。 グリップの状態によりインパクト時のフェース面がずれてしまうからで...

ゴルフスイング 基本:アドレス

目標に対してスクエアに構えましょう。

自分もクラブのフェースも右や左を向いていてはまっすぐ飛ばすことは出来ないです。

変な方向を向いて打つクセがつくと直す時が大変ですので最初は毎回細かくチェックした方が良いです。

スクエアに構えているか確認しましょう。

すぐに右を向いたりしてしまいますので。

 

ボールの位置はクラブによって変わります。

アドレス時のクラブに合わせた最適なゴルフボールの位置とは今回はアドレス時のクラブに合わせた最適なゴルフボールの位置についておまとめ致します。 きちんとしたアドレスが出来ていてもボール位置...

ゴルフスイング 基本:スイングの始動

ここでのポイントは

手で上げない

クラブを上げすぎない

右腕が体から離れすぎない

となります。

手で上げていこうとすると手打ちのスイングになる可能性があります。

肩から始動していくイメージが良いかと思います。

※人によって変わります。

クラブを上げすぎるとオーバースイングになりやすいです。

特にゴルフ初心者の方は飛ばそうと思い、思いっきり上げる方をたまにみかけます。

逆に飛ばなくなってしまいますので気を付けましょう。

腰の位置くらいで止めるイメージで上げるとちょうど良いかと思いますよ。

また、同様に飛ばそうとして右手に力が入り、体から離れている方も見かけます。

こちらも同様に逆に飛びません。

気を付けましょう。

ゴルフスイング 基本:ダウンスイング

手から動かすのではなく、下半身から動き出しましょう。

下半身が動き出してからクラブを切り返していきましょう。

ゴルフスイング 基本:インパクト

フェースがボールにまっすぐに当たる様にしましょう。

ここで多いのは

右手に力が入る

ことです。

右手に力が入るとカット打ちになったりしてスライスボールとなります。

ゴルフ初心者に1番多い、最初の壁かと思います。

最初は難しいのですが、力を抜くということを都度思い出しましょう。

ゴルフスイング 基本:フィニッシュ

力まずに振れれば左足に体重が乗り、左足1本で立てるフィニッシュが出来るはずです。

このフィニッシュが崩れる要因はやはり力みです。

目一杯力を入れて振った後に左足1本でフィニッシュは取れないです。

フィニッシュを取れるくらいに振っていきましょう。

ゴルフスイング 軌道

ゴルフスイングの軌道は

インサイドイン

アウトサイドイン

インサイドアウト

の3つとなります。

 

正しいゴルフスイングの軌道は

インサイドイン

となります。

アウトサイドイン

→スライスボールが出ます。

インサイドアウト

→フックボールが出ます。

 

インサイドインとなる様に練習していきましょう。

スイングの際にゴルフのグリップが自身のへそを差しているとインサイドインの軌道をキープ出来ます。

覚えておきましょう。

ゴルフスイング 練習

ゴルフスイング作りの最初の練習は7番とドライバーで行いましょう。

特に7番アイアンを中心に

膝から膝

腰から腰

フルスイング

と徐々に大きくしていきスイングを固めていきましょう。

アイアンがきちんと打てなければドライバーも打つことが出来ないです。

逆にアイアンがきちんと打てる様になればスコアアップも早いと思います。

ゴルフ練習場でどのクラブで何球打てば良い?ゴルフを始めたばかりだと練習にも熱が入るかと思います。 早く100切りたい! ナイスショットを連発したい! 300...

ゴルフスイング 練習器具

ゴルフスイングを作る練習器具で1番のおすすめはこちらです。

こちらを使用すると腕の上げ過ぎ、離れ過ぎが無く、コンパクトなスイングが作れます。

そこまで高価では無いかと思いますので試してみてもらいたいです。

ゴルフスイング クラブ別

クラブ別の練習方法は下記参考にしてみてください。

基本の考え方はどのクラブも同じです。

練習は小さなスイングから大きなスイングと行っていきましょう。

ゴルフスイング ドライバー

>> ゴルフ初心者、100切りのための練習方法:ドライバー

ゴルフスイング アイアン

>> ゴルフ初心者、100切りのための練習方法:アイアン

ゴルフスイング ウェッジ

>> ゴルフ初心者、100切りのための練習方法:ウェッジ

ゴルフスイング 動画

好きなプロゴルファーの動画を見て真似してみるのも良いと思います。

たっだ、体の柔らかさなどの違いがあるので全く同じスイングが出来るとは限りません。

また、松山英樹プロなど真似したいと思う気持ちはわかるのですが、男子プロのスイングを真似ることはなかなか難しいです。

ゴルフ初心者の男性、女性は最初は女子プロのスイングを真似した方が良いと思います。

女子プロはスイングに力感が無くてもゴルフ初心者の男性よりも飛距離は出ます。

まずはこの力感の無さから取り入れていくことおすすめします。

1番勉強になるのはやはり宮里藍さんではないでしょうか。

参考にしてみてくださいね。

View this post on Instagram

So I played early in the morning today! It was par 71 and I shot 72!!:)) Very happy!!! #madefourbirdies #lotsoffun #enjoyinglife #❤️ #golfstagram #1stholeteeshot #lovethisgame⛳️ さて、引退して3回目の笑 18ホール通してのラウンドは#パー71 のコースで1オーバーの72でした!!後半はまさかの2アンダーで、4つもバーディー取れました!こうやって、違った形でゴルフを楽しいと思いながらプレー出来る事が本当に嬉しいです☺️皆さんの予想が結構ハードルが高かったので😂、いい緊張感に繋がりました!笑笑 #気持ちいいお天気で #最高でした #大満足です 笑

A post shared by Ai Miyazato (@ai_miyazato) on

「【ゴルフ初心者の為のゴルフスイングの基本】ゴルフスイングの作り方」 / EditorsVoice

ゴルフスイングの再現性を高める方法は

思いっきり振らない

ポイントは目一杯振ったスイングの7、8割くらいの力が振ること

かと思います。

 

ゴルフスイングの作り方は最初が肝心だと思います。

私もそうだったのですが、我流である期間やった後にスクールに行くと、グリップからアドレスなど全て治されますので、相当気持ち悪く感じます。

だったら最初からスクールに行った方が良いのでは?とも思われるかと思いますが、最近では情報は多いですし、動画も簡単に見れるので我流でも上手くなる方はいらっしゃいます。

なので少し練習してみて「難しいかな?」と思われたらスクールに行ってみるのも良いと思います。

【今人気のゴルフスクールはココ!】おすすめゴルフスクールゴルフをはじめた際、早くうまくなりたいなぁ、と思ったことはないでしょうか。 また、 ・なかなか100が切れない ・逆に...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGolfTrendをフォローしよう!