ゴルフ雑学

ゴルフ初心者のためのスコアカードの書き方

ゴルフを始めたばかりの頃ですとスコアカードの書き方はわからないかと思います。

ここではスコアカードに表記されている数字や書き方をまとめさせていただきました。

書き方次第では上達にも繋がりますのでここで覚えておきましょう。

スコアカードはどこに置いてある?

ゴルフ場に着いて受付をした際にロッカーキーを受け取ると思います。

そこにスコアカードが挟んである場合が多いです。

挟んでいない場合はキャディマスター室、もしくはカート上に置いてあるかと思います。

スタートする前に準備しておきましょう。

その際、鉛筆も忘れない様にしておきましょう。

スコアカードの内容

スコアカードはゴルフ場によって仕様は異なりますが、表記されている内容はほぼ同じです。

・ホール(HOLE)

ホール(HOLE)番号です。

・YARD

ホール(HOLE)の距離となります。

※青→バックティー、白→レギュラーティー、赤→レディースティー

・パー(PAR)

そのホールの規定打数となります。

※ショート(パー3)、ミドル(パー4)、ロング(パー5)のいずれかとなります。

・HDCP

ホール(HOLE)の難易度になります。

1が1番難しく、18が1番易しいホール(HOLE)となります。

・HANDICAP

自分のHANDICAPを記入します。

・NETSCORE

自分が打った数値からHANDICAPを引いた数値を記入します。

・COMPETITION(競技会名)
・ATTESTED BY(同伴競技者署名)
・PLAYERSSIGNATURE(本人署名」

こちらは競技の際に記入します。

【もう迷わない!】ゴルフ初心者のためのスコアのカウントの仕方ゴルフ初心者のためにスコアのカウントの仕方をわかりやすくおまとめ致しました。 どうしても最初は分かりづらいところもあるかと思います...

スコアカードの書き方

縦型の場合は1番左に自分の名前を書いていきます。

左から2番目からうまい方の順に名前を書いていきます。

横型の場合は上から順となります。

 

スコアはホールアウト後に自分、及び同伴競技者分を記入します。

その際ですがホールアウト後グリーンまわりで記入することはよくないです。

ホールアウトしましたら次の組の為に速やかに次のホールへ移動しましょう。

スコアは移動しながら、もしくは次のホールのティーグランド近くで記入しましょう。

スマートフォンをスコアカードにする

スコアカードに記入、ではなくアプリでスコアを管理することも可能です。

ゴルフネットワーク

GDO

あたりが使いやすいと思います。

スコアを記入するだけで、計算はもちろんのこと、フェアウェイキープ率やパット数の把握も可能です。

最近はこちらで管理される方が多くなってますね。

時間がかかりそうであれば、ラウンド中は紙のスコアカードに記入し帰宅後アプリに入力する、といったやり方もおすすめ出来ます。

「スコアカードの書き方」のまとめ

ゴルフを始めたばかりのころはスコアカードに記入して、その後は見返すことはなくたまったら捨てていました。

その後、ミスした番手を記入するようにしたところ、ミスしやすい番手が明確になったので何を練習すれば良いかがわかりやすくなりました。

最初はグリーンまわりが多かった記憶がありますね。

アプローチの練習を多くしたところカップに寄る頻度も高くなりスコアも良くなってきました。

なので、ミス番手の記入は是非一度試してみていただければと思っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGolfTrendをフォローしよう!

RECOMMEND