ルール・マナー

【必ず目土をしましょう】ゴルフで目土をする理由とは?正しいやり方を解説!

【必ず目土をしましょう】ゴルフで目土をする理由とは?正しいやり方を解説!

ゴルフのラウンドをしているとフェアウェイに穴が空いていたりするのを見かけませんか?

ここにボールがはまったらどのように打つんだろ?

ここにボールがハマったらツイてないなぁ。

なんて思ったりしませんか?

こういった穴、ディボットというのですが、ディボットが多いのはラウンドしていたプレーヤーにマナー違反者が多いということです。

ディボットを直すことは各プレーヤーのマナー・エチケットです。

ここでは

目土をする理由やどのようにすればよいか

など解説していきます。

自分で作ったデイボットは自分で直すクセをつけ、ゴルフ場にやさしいプレーヤーになっていきましょう。

ゴルフの目土とは?

ゴルフ場でディボットの修復をする砂の事です。

ゴルフカートの後ろの方に砂の入った袋がぶら下がっていないでしょうか。

 

最近では自分で持ち歩く様に目土袋や目土ボトルも販売されています。

created by Rinker
GLOBERIDE(グローブライド)

ゴルフで目土をする理由とは?

ゴルフで目土をする一番の理由は

コースの保護

です。

ダフってしまったり、ダウンブローで打つショットの際に芝が削れてしまいます。

アマチュアの場合はダフってしまうパターンがほとんどかと思います。

その削れた後(ディボット)に目土を入れておくと修復が早まります。

ゴルフコースを保護する事はゴルファーの義務であり、マナーとなります。

 

また、ディボットをそのままにしておくと後続の組が打った際、そこにボールがはまってしまう場合があります。

このような経験ないですか?

ティーショットのドライバーがナイスショットでフェアウェイセンターに飛んでいき、喜び勇んで2打目を打ちに行くとディボットにはまっている。。

うまく脱出出来ずに結局ダボくらい打ってしまう。。

これ何回かありますが、「目土くらいしておいて欲しい」と思った事がありますね。

ディボットからのショットではどうしてもミスがおおくなります。

自分が嫌なことは他のプレーヤーにも味わって欲しくないものです。

目土はした方が良いですよね。

目土はどのようにすれば良い?

目土はカートの後ろの方に用意されています。

目土袋がぶら下がっていると思いますので確認しておきましょう。

砂が入っていない様でしたら補充も忘れずに。

各ホールの脇に砂が用意されていると思いますのでそちらで補充が可能です。

剥がれた芝を戻す

例えば思いっきりダフった際、芝の塊が飛びませんか?

こういった塊はきちんと元の位置に戻しましょう。

細かすぎるものはきちんと戻せないので大丈夫です。

砂をかける

戻せる芝を戻したら隙間に砂を入れておきましょう。

砂をならす

スコップや足などで砂を均等にならしましょう。

目土をするクセをつけよう!

キャディさんがついてラウンドする際にだと、目土はキャディさんが行ってくれるので全て任せられます。

一度見てみると、きちんと目土袋を持って自分の組だけでなく、目につくデイボットは全て砂を入れています。

ぬかりはないですね。

 

ゴルフ場で目土をする事はマナーです。

セルフプレーの場合は自分でしなければなりません。

ただし、ゴルフ初心者は最初のうちはどうしてもたくさん叩きます。

そしてダフって穴を掘る事も多いと思います。

こういったゴルフ初心者にダフった後は全て目土しろ、というのもなかなか酷なものです。

全て目土をしていたらスロープレーに繋がってしまいます。

スロープレーは絶対に避けなければなりません。

こういった場合はまわりがフォローしてあげましょう。

まわりのプレーヤーが目土袋を持っておき、ゴルフ初心者がダフったら目土をしておく。

自分のだけでなく、他のプレーヤーが作ったディボットもフォロー出来ると良いと思います。

 

このようにしておくとこのゴルフ初心者が安定したスコアでまわれる様になった際、その時は目土をする側にまわります。

そうしていくと目土をするということがループして、目土袋を持ち歩く事が普通のことになっていきます。

皆さんで良い流れを作っていける様にすると良いと思うのですが、いかがでしょうか。

プロは目土をしない→その理由は?

逆にプロのトーナメントでは目土をしません。

TVなどで見ていても、目土をしているプロは見当たらないですよね。

その理由としてはプロのトーナメントで目土をしてしまうと難易度が変わってしまうからだそうです。

ディボットが多そうなエリアは外してライの良さそうなエリアを狙う、といった戦略を取って回避している様です。

ディボットはそのままにするわけではなくトーナメント終了後の補修されます。

まとめ:【必ず目土をしましょう】ゴルフで目土をする理由とは?正しいやり方を解説!

以前、ラウンドしたゴルフ場で最終で1人でラウンドしているご年配の方を見かけました。

ゴルフ場の方に聞いてみるとメンバーの方で空いている日に来て、最終でまわり、1人でディボットを直しながらラウンドしている、とのことでした。

よっぽど、ゴルフとそのゴルフ場の事が好きなんだな、と思った記憶があります。

 

ディボット修復はそこまで難しいことではないです。

ショットの際に目土袋を忘れずに持っていけばあとは砂をまくだけです。

次のショットを打ちに行く際にはクラブと目土袋、とみんなが思う様になると良いかな、と思っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGolfTrendをフォローしよう!

RECOMMEND