ルール・マナー

【ゴルフの服装】服や靴、帽子などマナーとして気をつけておきたいポイント

【ゴルフの服装】服や靴、帽子などマナーとして気をつけておきたいポイント

ゴルフ初心者からよく質問される

ゴルフの服装はどのようなものが良い?

にお答えします。

ゴルフの行き帰り

ラウンド中

など場面に応じて最適な服装をまとめてみました。

是非参考にしてみてください!

ゴルフの服装のマナーはゴルフ場によって違う?

ゴルフの服装のマナーは厳密に言うとゴルフ場によって異なります。

メンバーシップコース(名門コース)→厳しい

パブリックコース→緩い

となっているのが現状です。

ゴルフ場へ向かう際には

ゴルフ場のサイトで確認

同伴者に確認

してから向かう様にしましょう。

名門コースとそれ以外のコースの線引きはどこ?

メンバーシップコース(名門コース)

ゴルフ場予約サイトでは予約出来ない

メンバー同伴、メンバーの紹介が必要

この場合はドレスコードを遵守しましょう。

きちんとした服装でないとご紹介いただいたメンバーさんにも迷惑がかかってしまいます。

パブリックコース

ゴルフ場予約サイトで予約可能

上記のゴルフ場は少しドレスコードが緩い場合があります。

メンバーシップコース(名門コース)でも期間限定で予約可能となっている場合があります。注意しておきましょう。ゴルフ料金がその地域の相場感よりも高めな場合、名門の可能性がありますので併せて注意しておきましょう。

ゴルフの行き帰りの服装は?

下記に基本的な規定をおまとめします。

男性の場合は基本的に

ジャケット着用

は必須と思っておいてもらえれば良いと思います。

※近年、夏がかなり暑いことから「夏場(7~9月)を除いて」というところが多くなって来ています。

スーツを着る必要はないのですが、ちょっと高級なレストランに行く様な服装をイメージすると良いと思います。

また、こちらはゴルフ場によって変わってきます。

メンバーシップコース(名門コース)は例外無くジャケット着用です。

パブリックコースなどは少し緩くジャケット着用でなくても大丈夫なところもありますので、サイトや同伴者などに確認してから行きましょう。

 

また、下記に絶対NGなアイテムをまとめておきます。

Tシャツ

タンクトップ

デニム

こちらは例外無くNGです。

カーゴパンツなどもNGとなるゴルフ場もありますので気をつけておきましょう。

たまにクラブハウス内でデニムで歩いているゴルファーを見かける時があります。

ゴルフ場としても注意しない場合はありますが、注意されなければOKということではないです。

同伴者にも迷惑となる場合がありますのでNGアイテムではゴルフ場に向かわない様にしましょう。

最近はデニムOKのゴルフ場があります。どうしてもデニムで行きたい場合はそちらに行く様にしましょう。

 

女性のNGアイテムは下記の通りとなります。

ミニスカート

ショートパンツ

女性もNGアイテムは外してゴルフ場へ向かう様に気をつけておきましょう。

ゴルフの行き帰りの靴は?

服装に合わせる靴ですが、NGアイテムをまとめていきます。

サンダル

スニーカー

草履

ミュール

などとなります。

上記スニーカーがNGアイテムに入っていますが、厳密に言うと履いて行っても大丈夫なゴルフ場はあります。

ジャケットの部分で書いておりますが、ジャケットを着用しなくても良いゴルフ場ではスニーカーでも大丈夫なところはあります。

この部分は同伴者などに確認してみましょう。

メンバーシップコース(名門コース)は例外無くスニーカーはNGです。

気をつけておきましょう。

ゴルフのラウンド時の服装は?

基本の服装は

襟付き

となります。

※タートルネックなどはOKです。

なお、シャツの裾はパンツに入れる様にしましょう。

ここも厳密に言うと上記にある様にジャケットを着用しなくても良いゴルフ場などでは出していても大丈夫なところはあります。

メンバーシップコース(名門コース)は例外無くシャツの裾はパンツに入れておきましょう。

 

男性の場合、夏場に短パンを履く際、ハイソックスがドレスコードとなっているゴルフ場があります。

こちらもパブリックであれば、ショートソックスでも大丈夫です。

 

夏場などたまに見受けられるのですが、タオルを首に巻くのはNGです。

暑くたくさん汗をかいたり、女性は日焼け防止のためだったりと気持ちはわからなくないのですが、これは止めておきましょう。

 

帽子やバイザーは被る様にしましょう。

一応被っておくのがマナーとなります。

ゴルフの休憩時(昼食時)の服装は?

レストランでは帽子やバイザーは脱いでおきましょう。

かけておくところが入り口付近にありますので活用しましょう。

 

雨の日、レインウェアは脱いでおきましょう。

乾燥機がありますのでこちらに入れておくのが良いです。

後半、気持ち良くラウンド出来ますので。

まとめ:【ゴルフの服装】服や靴、帽子などマナーとして気をつけておきたいポイント

ゴルフのマナーは細かく規定されています。

特に服装は要注意です。

きちんとゴルフ場に合わせて、相応の服装をしていきましょう。

 

上記で挙げた絶対にNGアイテムなアイテムを外しておけば、問題にはならないと思います。

ゴルフに行く際、参考にしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGolfTrendをフォローしよう!

RECOMMEND