ルール・マナー

【うるさい&音を立てるのはNG】ラウンド中他のプレーヤーが打つ時は動かず静かに!

【うるさい&音を立てるのはNG】ラウンド中他のプレーヤーが打つ時は動かず静かに!

ゴルフのラウンド中に気をつけたいのが「音」問題。

うるさくしちゃいけない

携帯電話の音を気をつけなくてはいけない

など、静かにしなければいけないとはわかっているけど、具体的にはどのような場面でどのようにしておけば良いのか?わかりやすくまとめてみました。

ラウンド中の「音」問題に関しては下記の通りにしておけば問題は無いので特にゴルフ初心者の方など是非参考にしてみてください。

このような場面に注意!

ゴルフは基本、静かな中で行うスポーツです。

ラウンド中、特に「音」が気になる場面は

ショットの際(ティーショット、2打目以降など)

パッティングの際

です。

朝イチのティーショット、ナイスショットして気持ち良くスタートしたい!

このショットをグリーンに乗せればバーディーチャンスだ!

このバーディーパット、距離は短いから必ず決めたい!

etc

これだけではないですが、このように集中したい場面は誰でもあると思います。

このような場面で

他の組の人がうるさい。。

他の同伴競技者が集まって喋っている。。

携帯電話が急に鳴る。。

etc

これでは集中出来ないですよね。

「私は大丈夫」

という方もいるかもしれませんが、多くの方は嫌がります。

嫌がるであろう人がいる行為は慎む様にしておきましょう。

このような「音」には注意!

ラウンド中は

おしゃべり

携帯電話

距離計など音が出るもの

ゴルフクラブ

カート

こちらの「音」に注意しておきましょう。

ラウンド中のおしゃべり

静かにおしゃべりしている様でも結構聞こえるものです。

みんなでカートで移動している時などはしゃべったりしていても問題はないですが、他のプレーヤーが打ちそうな場面では気をつけておきましょう。

また、たまに後ろの組が「おしゃべりや笑い声」と共に追いついて来る場面などがあります。

楽しくラウンドするのは良いのですが、前の組に追いつきそうな場面など特に注意しておきましょう。

ティーショットなどで前の組や隣のコースに打ち込んでしまいそうな場合の「ファー」は大きな声で言いましょう。

これは他の組のプレーヤーがアドレスに入っているとかは関係無いです。

ケガを避ける為に最優先で知らせなければなりません。

聞こえなければ逆に文句を言われしまいますので大きな声で言いましょう。

ラウンド中の携帯電話

音は出ない様、マナーモードにしておきましょう。

音を切っておけば良いだけなので、忘れずにチェックしておきましょう。

 

あと気をつけておきたいのが「通話」と「シャッター音」ですね。

電話に出る際には迷惑にならない場所と声でお話しましょう。

ホール間などなら迷惑にならない場所があると思います。

基本はNGと思っておいた方が良いです。

ラウンドが終わってから折り返す方がベターです。

もちろんスロープレーにも注意です。

 

また、楽しいラウンドなので写真を撮っておきたい気持ちはわかります。

インスタなどにあげたいですものね。

この場合もまわりには注意です。

シャッター音が迷惑にならないかどうか確認しましょう。

距離計など音が出るもの

距離計のボイスキャディなど、音声で距離を教えてくれるものも気をつけておきましょう。

ポケットの中に入れておき、変にボタンを押してしまうと他のプレーヤーがショットに入る際に「残り何yardです」と音声が流れてしまう場合があります。

音量を落としておく、絶対に鳴らない様にしておく、など対応しておきましょう。

ゴルフクラブの準備

セカンドショットを終え、カートに戻り、アプローチ用のゴルフクラブとパターを準備をする。

よくあるラウンド中の動きですが、その際他のプレーヤーの状況もチェックしておきましょう。

クラブをしまい、次のクラブを準備する際には「ガチャガチャ」と音がします。

他のプレーヤーがショットに入る際、この「ガチャガチャ」という音を立てない様に気をつけておきましょう。

嫌う人は本当に嫌いますので怒られる場合もあります。

まわりの状況を確認してからクラブの入れ替えをしましょう。

 

こちら、結構に気にされていない方は多いです。

他の人がやっているから、などは関係無く気をつけておいた方が良いです。

カートの移動

電動カートの移動や音に注意しておきましょう。

リモコンで動かす際など「ピー」と大きな音が鳴ったりします。

また、カートの移動音が気になる人もいます。

遠いから大丈夫だろう、と思わずに他のプレーヤーがアドレスに入っている際にはカートの移動をしない様にしておきましょう。

リモコンを持たれている方はここまで気遣い出来ていると優しいですね。

他の組にも注意!

よくこのような場面は無いですか?

朝イチのティーイングエリアやショートコースで詰まった際に後ろの組の人達が容赦なく喋っている場面。。

後半の最初のホール、後ろの組の人達がランチのお酒で気持ち良くなって大きな声で喋っている場面。。

非常に打ちづらいですよね。

逆の場合、このような迷惑な人達と同じにならない様気をつけておきましょう。

近づき過ぎない

ティーショットを打とうとしている時は静かに

良いボールを打っていたら「ナイスショット」と声をかけましょう。

他の組でも声をかけられると嬉しいものです。

他のプレーヤーが打つ時は動かない!

では、最後に他のプレーヤーがショットやパッティングに入ろうとアドレスした際にどのようにすれば良いか、書いていきます。

他のプレーヤーがショットやパッティングに入ろうとアドレスした際には

動かない

こちらがベストです。

素振りなど打つまでは動いていても良いのですが、アドレスに入ったら動きを止めましょう。

 

結構、ゴルフ初心者の方は音は気をつけていても、他のプレーヤーがショットをする際に普通に歩いていたりするのを見受けられます。

 

自分が打ち終わって、歩き出した後に他のプレーヤーがショットに入ろうとアドレスしたらその場で止まって見ておきましょう。

グリーン上でも、ラインをよんだり、距離の歩測をしてる時でも他のプレーヤーがパッティングのアドレスをしたら止まって見ておきましょう。

 

止まっていることのメリットは

余計な音が立たない

ことです。

 

ゴルフ初心者のころは自分のプレーに精一杯、またスロープレーにならない様、ひたすら急ごうと動いてしまいがちです。

少しだけゆとりを持って

他のプレーヤーがショットやパッティングに入ろうとアドレスした際には動かない

こちらに注意していってみてください。

 

打ったら普通に動いて大丈夫です。

自分のプレーに集中していきましょう。

 

ゴルフ初心者のうちは大目に見てもらえることはあると思いますが、逆にこちらが出来ているとどんなにマナーにうるさい人とラウンドしても大丈夫です。

是非、ラウンド中上記の点に注意してみてください。

まとめ:【うるさい&音を立てるのはNG】ゴルフラウンド中同伴者が打つ時は動かず静かに!

以前、私が競技に参加してラウンドしていた際に

・音が気になる人

・人の動きが気になる人

と同組になったことがあります。

ゴルフクラブの入れ替えの小さな音、パッティングを待っている際の些細な体の動き、などを気にされてアドレスを止めていました。

 

ごく些細な音、動きでも気になる人はいます。

ゴルフでは気になる人がいる限り、避けておいた方が良いですよね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGolfTrendをフォローしよう!

RECOMMEND