ゴルフ練習

【パター練習】スコアアップに直結するパター練習法をご紹介!

【パター練習】スコアアップに直結するパター練習法をご紹介!

多くのゴルファーの方々は

パット数を減らしたい。。

パットは苦手。。

パターは重要!

と思いつつもなかなかしっかりと練習出来ていない方が多いのでは無いでしょうか。

「打ちっぱなしに行こう!」という話はよく聞きますが、「パター練習に行こう!」とはあまり聞かないですものね。。

 

なのでここでは効率的なパターの練習方法をまとめてみました。

お家で簡単に出来るので試してみてはいかがでしょうか。

こちらを繰り返していくといつものパターが変わって来ると思いますよ。

是非参考にしてみてください!

まずはまっすぐに打てる様に練習する

パターの基本中の基本ですね。

とはいえ、ラウンド中はそううまくはいかない場面が多いこともわかります。

なのでこれは練習を繰り返すしかないです。

どんな状況でもとりあえずはまっすぐに打ち出せる様に体に覚えさせておきましょう。

まっすぐに打ち出せないと絶対に入らない

ショートパットもミドルパットもロングパットもまずはまっすぐに打ち出せないと絶対に入らないです。

まっすぐのラインであれば、まっすぐに打てば入ります。

パッティングのインパクトの際に

カットしている

引っ掛けている

右へ打ち出す

左へ打ち出す

などしているとカップ方面にも転がっていかないです。

まずはまっすぐに打ち出せる練習をしていきましょう。

まっすぐに打ち出すためのパター練習器具

まっすぐ打つためのパター練習器具を使って練習してみましょう。

こちらを使えば、ほぼまっすぐ打てる様に矯正出来ると思います。

初心者のうちは繰り返し

中級者以上は打ち出しチェックに

使ってみてはいかがでしょうか。

 

\まっすぐに打ち出すためのパター練習器具はこちら!/

【パター練習器具おすすめ15選】パッティングの精度を更に高める!【2020年】パッティングの精度を更に高める、パター練習器具のおすすめを15選、ピックアップしてご紹介しています!ショートパットの確率を上げていきたい方、是非参考にしてみてください!...

ショートパットの確率を上げる

まっすぐに打ち出せるようになっても

強かったり

弱かったり

するとこちらも入ることはないです。

ここでは距離感、自分の振り幅を覚えていきましょう。

ショートパットが入らないと長いパットも入らない

まずはショートパットの確率を上げていきましょう。

ショートパットが入らないともっと長い距離は更に入らないです。

1mくらいの距離はかなりの確率で入る

くらいまで練習してみましょう。

ショートパットの振り幅を自分のものにする

1mくらいの距離を練習する際には自分の振り幅を把握しておくと良いです。

アドレス時の

つま先からつま先くらい

足の内側から内側くらい

これは個々人によって変わって来ますが、1mならこの振り幅、と自分の振り幅を覚えていきましょう。

自分の振り幅をきちんと把握しておくとラウンド時にも大きく崩れることは無くなっていきます。

こちらを基礎にして、更に歩測で5歩、10歩の距離の振り幅も把握していくと更に上達していきます。

【パター上達法】パット数を減らせるパター上達の秘訣はコレ!
【パター上達法】パット数を減らせるパター上達の秘訣はコレ!皆さんはパターは得意ですか? ゴルフはパターがうまくなるとスコアが劇的に良くなります。 ここではパターが上達する 考...

ラウンド時に入らなくても

それでもラウンド時に1mを外してしまうことはあります。

その際には

まっすぐ打てているか

練習時の振り幅で打てているか

きちんと距離を打てているか

を確認してみてください。

出来ていなければ、練習を思い出し修正しましょう。

 

出来ている場合はグリーンが合わない、などの外的要因にしてしまいましょう。

くれぐれもパッティングの際に手で強弱をつける様な修正はしないようにしてください。

自分の振り幅が崩れるとパター全体が悪くなってしまう可能性があります。

この点だけ気をつけておいていただければと思います。

自宅で使える、パター練習マット

1mをマスターするにはパター練習マットが一番使えます。

自宅でも問題なく使えますので1枚用意しておいてはいかがでしょうか。

まずは1mからスタートして、2mくらいまでの確率が上がってくるとラウンド時のパター数は減って来ていると思いますよ。

 

\1mをマスターするためのパター練習マットはこちら!/

https://golf-trends.net/puttermat-2018/

自宅でパター練習する

ドライバーやアイアンの練習をする方は多くいるのですが、パター練習をする方は少ないと思います。

ただ、日々パターを振ってボールを打っておくことは上達への近道です。

どのようにすれば良いか?

家で練習しましょう。

何時間もかけて練習しなくて大丈夫です。

数十球くらいなら毎日出来そうな気がしないですか?

集中的にショートパットの練習をする

1mの距離を集中的に練習してみましょう。

お風呂に入る前や寝る前などに1mの距離を数十球。

その際、適当にやるのではなく、

10球、もしくは20球連続でカップインしたら終了

の様に集中して行いましょう。

連続で入るまでやるのが良いですが、ゴルフを始めたばかりだと外す確率も高いかと思います。

その場合は球数を決めて打ってみましょう。

1日1回出来れば上達も早い!

数十球であれば、そんなに時間もかからないと思います。

可能な限り毎日行ってみてください。

1mの確率が上がったら2mと距離を伸ばしてみてください。

なかなか入らなくても嫌にならない程度に続けていきましょう。

徐々に慣れてくると思いますので。

ゴルフ練習場でパター練習する

ここでは普段、自宅でのパター練習で出来ないことをやっておきましょう。

ゴルフ練習場で

ドライバーやアイアンは結構練習すると思います。

ただ、終えてそのまま帰らずに少しだけパター練習もやっておきましょう。

ゴルフ練習場でパター練習場も用意されているところであれば、普段家では出来ないミドルからロングくらいの距離のパター練習をしておきましょう。

出来るのあれば、歩測で10歩、15歩、20歩くらいの距離を打ってみてください。

ラウンド中でも20歩くらいに距離が残る場合もあります。

全くイメージがつかない中で打つよりも、練習場で打っておくとある程度このくらいの振り幅というのがわかります。

そうすると長くても2パットで終わる可能性が高まります。

普段の1mのショートパットの振り幅をどれくらい大きくすれば良いか、感覚を養っておくとラウンドでも役に立ちますよ。

ラウンド前のパター練習場で

こちらも同様ですね。

ラウンド前なので、いつものショートパットの確認を行うのはもちろんですが、こちらでも長めの距離を打っておくことは有効です。

また、歩測はしなくて良いので練習場の端の方で自分のマックスの振り幅でどのくらいボールが転がるか、見ておくことも有効です。

たまにですが、巨大なグリーンの隅っこにボールが乗ることがあります。

この場合、3パットどころか4パット、なんていうこともありえます。

その際、自分のマックスの振り幅を知っておくと役に立ちます。

他の方に迷惑にならないところで一度打ってみておくことをおすすめします。

ゴルフスクールでパター練習する

上記の様に練習してみて

家での練習でもショートパットが全く入らない

ラウンド時は更に入らない

ということであれば、一度スクールで見てもらうこともおすすめします。

どうしてもうまくならない場合はスクールへ行ってみる

短い距離も入らないとなると

アドレス

グリップ

方向性

などを細かくチェックしてもらった方が近道の可能性もあります。

多く見受けられるのが自分はカップに向かってまっすぐ打てる様に構えていると思っていても実はズレている、なんてことがあります。

これは第3者に確認してもらわないとわからなかったりします。

コーチなどに見てもらう

上記の様なズレは早めにきちんと確認出来ていた方が良いです。

これはベテランゴルファーでも見受けられることです。

今まで入っていた距離が全く入らなくなり

パターを変えてもダメ

ひたすら練習してもダメ

イップスになる

ということもあります。

ただし、ベテランの場合はひとつの気付きですぐに復活したりもします。

自分のパッティングが正しいかどうか、わからない場合は一度スクールのコーチなどに確認してもらうのもありかと思います。

 

\おすすめのゴルフスクールはこちら!/

【今人気のゴルフスクールはココ!】おすすめゴルフスクール
【今人気のゴルフスクールはココ!】おすすめゴルフスクールゴルフをはじめた際、早くうまくなりたいなぁ、と思ったことはないでしょうか。 また、 ・なかなか100が切れない ・逆に...

パターの上達本を読んでみる

技術だけではなく、

パターの重要性

ストローク

練習

などに関する理論的な部分も頭に入れておいても良いと思います。

本ばっかり読む必要は無いですが、気になったものを数冊くらい読んでおくのいかがでしょうか。

いろいろな考え方を知っておく

一例としてピックアップしておきます。

全部を本の通りにする必要は無いですが、

気になった点

自分に役立ちそうな点

などはチェックしておき、練習で試してみましょう。

読むだけじゃパターは入らない

よく言われることですが、本をたくさん読んでもパターは入りません。

知識をインプットしたら練習しましょう!

まとめ:【パター練習】スコアアップに直結するパター練習法をご紹介!

パターの練習をしないでうまくなることはなかなか難しいです。。

とはいえ、ラウンド前のパター練習場のみ、だとやはり練習量が少ないですよね。

それでしたら家で10分くらいは毎日練習してみてはいかがでしょうか。

1ヶ月もやっているとラウンド時のパッティングが変わって来ると思いますよ。

是非試してみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGolfTrendをフォローしよう!

RECOMMEND