ゴルフ雑学

これがあると便利!雨の日のゴルフはこれを用意しておこう

 

せっかくのゴルフ。

晴れた日にラウンドしたいですが、どうしても雨が降ってしまうこともあるかと思います。

ゴルフは基本的にはサッカーと同じ様に

雨で中止、ということはございません。

もちろん台風など強過ぎる場合や大雪などは
ゴルフ場自体が「クローズ」となり、
プレーは不可能となります。
怪しい場合はゴルフ場に確認をしましょう。

感覚的には降水量1mmくらいまでは

普通にラウンド出来るかな、と思います。

2mm以上になってくると本格的な雨対策が必要に

なってくるかと思います。

今回は雨の日にラウンド中にあったら便利なものをおまとめしてみました。

雨の日にあったら便利なもの

レインウェア

雨の日ラウンドで一番あった方が良いのはこちらですね。

レインキャップも合わせてあったほうが良いかと思います。

夏の日の雨であれば、少し気持ち良い場合もありますが、
春、秋、冬の気温が低い時の雨は体を冷やしてしまいます。

防寒の意味でもレインウェア、レインキャップを
用意した方が良いでしょう。

ゴルフシューズ

雨の日ラウンドでは間違いなくグチャグチャになります。

ゴルフシューズは新しいものを買う際、
古いシューズを念の為捨てずにおいておきましょう。

雨の日など、間違い無く汚れそうな日のラウンドで
履けるからです。
1足しかない場合は、ラウンド後のケアを十分にしましょう。

防水スプレー

これがあると便利です。

レインウェアは使用する度に撥水性が弱くなっていきます。

その際、防水スプレーをしておきましょう。

ゴルフシューズも同様ですね。

ゴルフグローブ

雨の日にグローブが濡れてしまうとすぐに滑る様になってしまいます。

そうするとスイングの際に力が入ったりと

スコアにも影響が出てきます。

ゴルフグローブは多めに用意しておくと良いでしょう。

ゴルフグローブを新しく買う際、

ゴルフシューズと同様に古いものは

念の為捨てずにおきましょう。

雨の日に使用してそのまま捨てる様に出来ますので。

状況にもよりますが、雨の日は5枚くらいはあった方が良いかと思います。

タオル

こちらもあると便利です。

枚数もあった方が良いですね。




グリップ

必要な場面は多いです。

トイレなどでよく張り紙がされているかと思いますが、
クラブのトイレのタオルを持ち出すのNGです。
きちんと自分で用意していきましょう。

雨の日のラウンド後のケア

レインウェア、シューズ、グローブ全てですが、

ラウンド後はきちんとケアをしておい方が良いです。

シューズはラウンド後、エアーコンプレッサーやタオルで

汚れをきちんと落としましょう。

で、帰宅後はきちんと乾かしましょう。

ゴルフグローブを濡れたままキャディバッグに

いれておくとカビる場合があるので注意です。

ラウンドの間隔が短く、シューズが乾ききらなかった場合、

ゴルフソックスを追加で1セット用意しておくと良いでしょう。

ソックスが湿ってしまうと気持ち悪いですからね。。

まとめ

最近は雨の降る可能性が高そうな場合は

キャンセルにしてしまいます。

ただ、ゴルフを始めた頃はどんな状況でも

ラウンドしたいですよね。

レインウェア
防水スプレー
ゴルフグローブの予備
タオル

これだけあれば雨の日ラウンドの

辛さは少し軽減出来ると思います。

是非参考にしてみてください!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGolfTrendをフォローしよう!