ゴルフマネジメント

ゴルフ初心者のためのアプローチ上達法:アプローチは転がそう!

グリーンまわりからのアプローチですが、プロみたいにふわっと浮かす様に打たないといけないと思っていませんか?

そんな難しいことをしなくても大丈夫です!

プロツアーではグリーンが速い為、上から落として止める必要が出てきます。

なので浮かすボールを打っています。

ゴルフ初心者であれば転がして寄せましょう。

転がして寄せることで寄せワンが多くなってきますよ!

アプローチの重要性

ゴルフのスコアの半分以上はショートゲームが占めています。

その中でもアプローチは重要です。

ドライバーが良くてもアプローチ、パターが悪いと一気にスコアが悪くなる経験はないでしょうか。

逆にアプローチ、パターが良いとドライバーが悪くてもそこまでスコアが悪くならない、ということが多いです。

 

寄せワン率が高くなると気分も上がって来ますしね。

ゴルフ初心者の方がトリプルボギーになりそうなところを寄せワンでボギー、と出来る様になると100切りもグッと近づいて来ると思います。

なぜ、アプローチは転がしが良いのか

大きな理由は転がす方が簡単だからです。

まずは転がすことを考えましょう。

90切りなど目指していくのであれば、浮かすアプローチも打てる様になっておいた方が良いです。

ゴルフ初心者で100切りを目指すくらいであれば、転がしメインで大丈夫ですよ。

ボールを投げる場合でも浮かすよりも転がした方が距離感も合わせやすく簡単になるはずです。

浮かすアプローチが難しい理由

浮かすアプローチが難しい理由は

どのくらいの高さで打ち出すか

距離はどれくらい打つか

この2点を考えて打たなければなりません。

よくあるのが、

高く上がりすぎて距離が出ない

高さと距離を出そうとしてコツンとトップ

こういったことがないでしょうか?

ある程度ラウンドを重ねた後であればマスターしやすいかもしれませんが、最初は難しいです。

ゴルフ初心者はマスターしなければならないことが多いので選択と集中をした方が良いです。

転がしの練習法

実際のグリーンで練習するのがベストですが、それはなかなか難しいかと思います。

おすすめの練習法は

打ち放題の練習場で練習する

10y、20y、30yの振り幅を覚える

こちらになります。

※練習場では転がらないと思いますので、手前に落とし、目標に転がっていくイメージを作ってください。

クラブはアプローチウェッジで良いです。

※9番アイアンなどでも良いです。

こちらの方がやさしく感じる場合もあります。

こちらを繰り返してください。

1球いくらの練習場ですと、球数が多くなり費用もかかってしまいます。

打ち放題でしたら気にせず打てるので、繰り返し打ってみましょう。

30yだとこのくらい、といった感覚が身につけばOKです。

あとはラウンドの際にアプローチ練習場でイメージ通りになるかどうか、確認してみましょう。

「アプローチは転がそう!」のまとめ

ある程度、距離感を合わせて転がせられる様になると、スコアは劇的に良くなると思いますよ。

グリーンまわりのアプローチから寄せワン、もしくは2パットであがれるようになると100切りどころか90台安定も見えてくると思います。

是非練習してみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGolfTrendをフォローしよう!

RECOMMEND