ゴルフ雑学

【ゴルフグローブ】買い方や種類、サイズ、保管方法などポイント10

【ゴルフグローブ】買い方や種類、サイズ、保管方法などポイント10

ゴルフグローブは一番最初に買うゴルフグッズのひとつです。

初めて練習に連れて行ってもらう

初めてレッスンに通う

など、ゴルフクラブなどよりも先に用意しておいた方が良いアイテムとなります。

ここではゴルフ初心者の為にゴルフグローブの買い方から種類やサイズ、保管方法など気になる点をわかりやすくおまとめしてみました。

是非参考にしてみていただければと思います。

どこで買えば良い?

ゴルフグローブを購入する際に重要なのはサイズです。

きちんと自分に合ったサイズのゴルフグローブを購入した方が良いです。

ゴルフ量販店

なので、一番最初に購入する際には試着の出来るゴルフ量販店で購入されることをおすすめします。

ビクトリア

ゴルフ5

など

ゴルフグローブの売り場には各メーカーのアイテムの試着可能な商品がぶら下がっていると思います。

そこで自分のサイズを確認しましょう。

ネット通販

自分のサイズが分かる様になった後にはネットでの購入が楽だと思います。

Amazon

楽天市場

など

種類は?

種類は大きくは下記の通りとなります。

素材

素材はこちらの2種類。

天然皮革

人工皮革(合成皮革)

となります。

形はこちらの2種類。

左手用

両手用

[jin_icon_info color=”#e9546b” size=”18px”] レディースでは指先をカットしているネイル対応のグローブもあります。

ゴルフグローブレディースおすすめ

男性ゴルファーであれば左手用をつけている方が多いですね。

女性ゴルファーは非力なので痛くならない様に両手用のグローブが多くなって来ています。

日焼け予防にも役立ちますので。

価格帯について

価格帯については下記の3パターンにわけられると思います。

ゴルフクラブメーカー

1,000円台~3,000円台

多くのゴルファーがゴルフクラブメーカーのゴルフグローブを使われているのではないでしょうか。

私もいつも購入しているのはだいたい2,000円前後くらいでしょうか。

ゴルフウェアメーカー

約5,000円前後

マーク&ロナ、パーリーゲイツといったゴルフウェアメーカーのゴルフグローブになると一段価格帯が上がってきます。

ウェアと合わせておしゃれにまとめる場合などに選ばれる方が多いと思います。

オーダー

5,000円以上

ものによってはもっと高く10,000円前後になる場合もあります。

市販のものではサイズや形が合わなかった場合やきっちり自分の手に合わせて作りたい方などがオーダーで作られている様です。

高価な分、つけ心地は別格な様ですね。

サイズに注意!

ゴルフクラブを選ぶ際はサイズに注意しましょう。

少しきついくらい、もしくはジャストフィットのものを選んだ方が良いです。

革は伸びますので使っているうちになじんで来ますので。

ゆとりのあるサイズのものを選ぶとスイングしている際にズレが生じて気になって来ると思います。

一番最初に購入する際には自分のサイズを覚えておいて問題なければそのサイズのグローブを購入していく様にしましょう。

破ける位置について

ゴルフグローブ

ベテランゴルファーくらいになるとゴルフグローブはそんな頻繁に破けることは無いと思います。

ゴルフ初心者の方ですとクラブを結構思いっきり振ったりしますので妙な力が入ってしまいます。

なのでゴルフグローブの消耗も早いです。

そして、手のひらの部分や中指や薬指部分など想定していないところが破れて来たりもします。

破けた部分に妙な力が入っている証拠ですので、力を抜いてスイングする様に気をつけてみましょう。

握り方

なども見直してみると良いと思います。

買い替え頻度はどのくらい?

これは個人差があると思います。

月に1回のゴルファーと月に4回以上のゴルファーでは差が出ますし、ベテランゴルファーと初心者ゴルファーでも差が出ます。

また、夏場は汗ですぐに濡れてしまったりと消耗も早い様に感じます。

ざっくりとしてしまいますが、

少ない人で年間3枚から5枚くらい

多い人で年間10枚くらい

でしょうか。

使用状況によって変わってくると思います。

メーカーで合う合わないはある?

メーカーによって合う合わないはあると思います。

個人的にはすぐに破れずに長持ちするメーカーが自分に合っていると思い、そのゴルフグローブはまとめて買っておきます。

季節に応じてグローブは変える?

夏用とそれ以外でわけて使うことをおすすめします。

夏用は薄めの素材のものが出てきますのでその中から選んでみると良いと思います。

夏用は薄いのは良いのですが、破けやすいものも多いです。

なので長持ちするものを見つけたら多めに購入しておいた方が良いです。

夏以外はお気に入りのメーカーのグローブの新作をチェックしたりしながら追加したりします。

保管方法は?洗濯出来る?

雨や汗で濡れた場合はそのままにしておかずにゴルフグローブハンガーなどを使って形を整えてから乾かした方が良いです。

そのままにしておくとくしゃくしゃになってしまい、使いづらくなってしまいます。

また、汚れた場合、洗濯することも可能ですが、あまり洗濯されている方は多くは無いのではないでしょうか。

洗濯してしまうとグリップ感などがだいぶ落ちてしまう様に感じます。

私が普段行っている使い方は手持ちのゴルフグローブを2つに分けて

購入して間もないグローブ→通常ラウンド用

汚れが目立ってきたグローブ→雨や真夏用

とわけて使用しています。

雨や真夏時に使用して痛みが激しくなって来たグローブはそのまま廃棄していきます。

ギフトの際の注意点

ゴルフグローブはサイズ選びが重要と説明させていただきました。

なので特定の方へのギフトにはなかなかそぐわないと思います。

コンペの景品などでサイズが合う方に選んでもらう場合は大丈夫そうです。

ぴったりのサイズがわかれば良いのですが、なかなか難しいのではないでしょうか。

オーダーグローブのギフト券などでしたらサイズが合わないことも無いのでぴったりかもしれません。

オーダーメイドゴルフグローブ

など

「【ゴルフグローブ】買い方や種類、サイズ、保管方法などポイント10」/ EditorsVoice

ゴルフグローブは自分にぴったりのを見つけたらそのグローブを継続して使うことをおすすめします。

ちょこちょことと別のメーカーに買い替えをしていたりするとなかなか安定感が得られないと思います。

コレ、というゴルフグローブを見つけたらしばらくは使ってみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGolfTrendをフォローしよう!

RECOMMEND